平成30年度の運用状況(地方公務員共済組合)

厚生年金保険給付調整積立金

運用実績

運用利回り +1.23%
運用収入額 +1,397億円
運用資産残高 11兆3,197億円

年金積立金は長期的な運用を行うものであり、その運用状況も長期的に判断することが必要です。
運用収入額は、各期末時点での時価に基づく評価であるため、評価損益を含んでおり、市場の動向によって変動するものであることに留意が必要です。

資産構成割合

運用資産別の構成割合

(厚生年金保険給付調整積立金)運用資産別の構成割合

運用資産別の資産額

国内債券 3兆9,062億円
国内株式 2兆8,109億円
外国債券 1兆6,664億円
外国株式 2兆9,067億円
短期資産 294億円

(注1)基本ポートフォリオは、国内債券35%(±15%)、国内株式25%(±14%)、外国債券15%(±6%)、外国株式25%(±12%)です(括弧内は、許容乖離幅)。
(注2)上記数値は四捨五入のため、各数値の合算は合計値と必ずしも一致しません。
(注3)各ファンドで保有する短期資産は、原則として該当する資産区分に計上しています。
(注4)オルタナティブ資産が積立金全体に占める割合は0.5%(上限5%)です。

経過的長期給付調整積立金

運用実績

運用利回り +1.08%
運用収入額 +1,279億円
運用資産残高 11兆7,784億円

年金積立金は長期的な運用を行うものであり、その運用状況も長期的に判断することが必要です。
運用収入額は、各期末時点での時価に基づく評価であるため、評価損益を含んでおり、市場の動向によって変動するものであることに留意が必要です。

資産構成割合

運用資産別の資産額

(経過的長期給付調整積立金)運用資産別の資産額

運用資産別の資産額

国内債券 4兆268億円
国内株式 2兆9,519億円
外国債券 1兆7,371億円
外国株式 3兆400億円
短期資産 226億円

(注1)基本ポートフォリオは、国内債券35%(±15%)、国内株式25%(±14%)、外国債券15%(±6%)、外国株式25%(±12%)です(括弧内は、許容乖離幅)。
(注2)上記数値は四捨五入のため、各数値の合算は合計値と必ずしも一致しません。
(注3)各ファンドで保有する短期資産は、原則として該当する資産区分に計上しています。
(注4)団体生存保険については、国内債券に含めています。

退職等年金給付調整積立金

運用実績

運用利回り +0.38%
運用収入額 +1.45億円
運用資産残高 477億円

年金積立金は長期的な運用を行うものであり、その運用状況も長期的に判断することが必要です。

資産構成割合

運用資産別の構成割合

(退職等年金給付調整積立金)運用資産別の構成割合

運用資産別の資産額

国内債券 468億円
短期資産 9億円

(注1)基本ポートフォリオは、国内債券100%です。
(注2)上記数値は四捨五入のため、各数値の合算は合計値と必ずしも一致しません。
(注3)各ファンドで保有する短期資産は、原則として該当する資産区分に計上しています。